スポンサーサイト

(--/--/--) : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃんけんゲーム

(2018/10/14) : 創作ゲームネタ

お久しぶりです。
ファイルを整理していたら、むかーし考えた簡易ゲームのネタがあったので、
供養もかねて()こちらのブログに保存しておきます。

もし、気が向いたらサイトのほうで実際に遊べるように実装するかもしれません...

続きを読む

スポンサーサイト

小数決ゲーム

(2011/06/27) : 創作ゲームネタ

テレビドラマのライアーゲームとはあまり関係がないけど。
ふとしたゲームのネタを考えたので。

白い玉30個、赤い玉10個、黒い玉30個がある。
プレイヤーは1人から10人までが一定掛け金を支払うことで参加できる。
いちど参加すると途中で抜けることはできない。

一定時間までに、プレイヤーは1つだけ、玉を提出することが求められる。
(玉を提出しないと勝つことができないため、掛け金は帰ってこない)

ゲーム終了時点で、白い玉と黒い玉のうち、
入っていた色が少ないほうが勝ちとなる。

ただし、赤玉が奇数個提出されていた場合は赤玉が勝利となり、
白黒は両方とも敗北になる。
赤玉が偶数個提出されていた場合は、赤玉は白と黒のより数の多いほうとしてカウントされる。
(よって赤玉は奇数個提出されていなければ勝つことができない)

勝敗判定アルゴリズム
勝敗判定アルゴリズム

ところが。

プレイヤーは玉を3つまで自分の手元に保存することができる。
赤を3つ手元においてもよいし、何も手元に持たなくともよい。

だれかが玉を持ち出すと、それぞれの玉の支給されている共用BOX(玉の初期位置)から玉が減る。
そのため、だれが何色の玉を保持しているかはわからないが、
どの玉が持ち出されているかは把握することができるだろう...
(後から参加した人は既に赤玉が全て持ち出されてしまっていることもありうる)

何か玉を箱に提出した後は手持ちが1個開くことも忘れてはならない。
また、提出したものは、制限時間内であれば交換することができる。

プレイヤーは、お互いに、何色の玉を提出しているのか知ることはできないが、
通信によってお互いに伝え合うことはできる。(もちろんウソを伝えることもできる)
通信とは一行掲示板のような機能で、無料で利用することができる。

しかし、場合によってはだれにも知られたくないこともあるだろう。
そこで、追加の掛け金を支払うことで、極秘通信をすることができる。
極秘通信ならば、特定の相手にのみ、通信内容を送信することができる。

極秘通信はだれが、だれに、送信したかはわからないが、
それが行われたことは、関係外の者からも把握できる。

また、極秘通信は自分への送信もできる(フェイクや覚書として)。
しかし自分へ送信した場合も通信料として掛け金が発生する。

もちろん、お互いに極秘通信を行っていても、
だれがだれと通信しているかを見切ることで、
極秘通信の中でもだれかを裏切ることは可能である...

相手がどの玉を提出するかを予想して小数者として勝利し、
論理と読みによる賭けを体験してみないかい?

---
あくまでネタ。
気が向いたらRfssica'sEnのログイン制ゲームに実装するかも。

ログインすることでたまるポイントを掛け金として使え、
勝利した際のポイントもログイン制共通のポイントとして戻ってくるようにしようと考えてます。

インフィニティマップ生成

(2010/08/20) : 創作ゲームネタ

無限の遊び要素を与える...というわけではないが、
そのためにはたくさんの冒険地を作ることも盛り込むと面白いと思う。

ドラゴンクエストモンスターズの、
ルカ・イルには<ふしぎなかぎ>というものがあって、
鑑定するとどんな世界にいけるかがわかった。
たとえば、

かがやくけもののかぎ
おおきなとうだいのかぎ
みえざるちちゅうのかぎ
さいごのスライムのかぎ
etc...

形容詞+名詞+のかぎ

のように、
形容詞の部分でいける世界のランクを表し、
名詞の部分でその世界にどんなモンスターがいるのか
(あるいはおおよそのその世界では何をクリアーすべきなのか)をあらわしていた。

...その部分をごっそりパクるわけではないが、

形容詞+名詞+のかぎ

のうち、かぎとして実装するか...
なにか扉ないしゲートなものを使ってその世界を行き来できるようにして、
それだけの世界へいけるシステムを作ると、
ほぼ遠征地を遊びつくした、という事態はなくなると思う。

名前から遠征地を作り出すためのアルゴリズムさえしっかりしていれば、
簡単に新しい遠征地を追加することもできる。

それを、基本的には、いる世界ごとに、その人がどの座標で何をしているか、
という情報を受け渡しすればよいのだから、
その遠征地単位でMOを構築することも容易だと考えられる。
(パペガの、9つある冒険地のうち、1つ1つのすごろくマスがそれ)

ただ、必然的に遠征地の数だけそのための管理ファイルを用意しないといけないわけで、
その処理がおもくなるっちゃ重くなるわけだが...

この世界の管理はおまえに任せた、
といってプレイヤーのクライアントに処理を投げる
(MHFがクエスト中にはかなりそれやってるよね)こともアリといえばアリなんだけど、
MHFがいちどに4人までしか接続しないっていうルールがあったからいいけど、
プレイヤーに、ある世界の処理をまるごとよろしくといって投げると、
その世界に同時接続するヒトが多ければ多いほど、
必要なスペックの上限が上がるし、場合によって変動する。

基本的に管理人は、ゲームであっても、
<<死んだり力尽きたりしたらペナルティつけるよ>>
っていうタイプの考え方の人間だから、
同時接続して重くできるっていうと、それが荒らしに使えそうだな、
という発想があるから、それで意図的な重力荒らしは酷か。

でも、名前から冒険地をランダム生成するというのはやってみたい。
冒険地というほど大掛かりなものではなくて、
マジカロスの1つ1つのお部屋のような、
大した処理を食うもの(特にモンスターがいることは処理を巨大化させる)
でなくするのもよいかもしれない。

いずれにせよ、名前の前後で異なる世界へ~~~
的な機能は実装してみたい。
ものすごくたくさんの名前の組み合わせパターン
(形容詞50種類、名詞100種類は用意したいよね)
を作って...
それぞれのレベルごとに分かれて、遠征先で素材集めをできるような。

もちろん、アーティファクトのパクりじゃないけど、
集めた素材は管理人の運営するゲームの中では共有される仕組みにしようと思っているから、
こんなの何に使うんだろう?というようなアイテムも入手できるようにしてみたい。

地面を調べれば雑草が、樹を調べれば枝が、云々。

ただモンハンシリーズみたいに、
鉱石を採取するのにピッケルが、虫を採取するのにピッケルが、
それぞれ必要、というように採取に必要な道具は設けないと思う。

肝心のマップシステムだが、
問題なのはどんなものを生成するかというパラダイム。

部屋をつくるのか?
遠征地を作るのか?

そのためには、
MO的な要素は必要なのか?
敵は出るのか?

管理を担当するのは、
サーバか?
プレイヤーのクライアントか?
プレイヤーが担当するなら、どういうアルゴリズムでホストを決めるのか?
それとも、ホスト1人に任せるのではなくて、クラウド化するのか?

まだあいまいな段階だけどこれだけ問題が見えてる。
あいまいだからこそ解決できないというのもあるが、
そのうち決めたい。

なんつーカテゴリを作ったものだ...

(2010/08/15) : 創作ゲームネタ

ご存知のとおり、管理人はマイWebサイトを持っています。
まだ一般家庭にインターネットが普及してすらいなかった、
2000年以前にサイトを作って以来...
2004年には第2期サイトRfssica'sEn(およびその先進)を構築して以来、
今日までサイトを更新し続けてきました。

なので、サイト運営は慣れてます!(つもり

当然サイトを作るためにHTMLやCSS、JavaScript、
さらにはCGIのためにPerlをやったりと。

...あ、古い人間なんでPHPみたいな新しい言語はノータッチですv^^;

こういうブログを運営したり...
ゲームにいそしんだりしてるだけあって、
ある程度プログラミングに慣れてくると、
やっぱりゲームを作りたくなるものなんですwwwwwwww

なので。

ゲームのネタを考えては、
新鮮なうちにそれをTwitterでばーっとメモして...
後々に肉付けをできるようにするためにこちらに転記いくことにします。

...当然、全てをゲーム化することなんてできっこないわけですが、
気が向いたら個人でちまちま作ることでしょう...

このネタものすごく興味があるんだけど!
という方がいらしたら、お声をおかけくださいませ。

...無言でこのネタを"まんま"パクってもらって...
まあ別にダメとは言わないんですが、
もし2人でかなり同じものを作っちゃった場合モメないようにするという回避ですね。
(パクる人なんていないとは思うけどね!!!)
というわけで、プレコピを貼る意味でも。

ひとまずアイデアのメモなので、ものすごく曖昧ですが、
管理人のゲーム関連のメモには変わりがないわけで、こちらにメモしていきいます。

...メモの中に"課金"云々の単語が出てきますが、
決して自分のアイデアで課金させるゲームを作って大もうけしてゲーム会社立てて...
ニソテソドーを買収しようとかそんなことは全く考えておりません。

こういうアイデアって面白いんじゃない?
というあくまでジョーク交じりのメモです。

...メモなので、アドバイスは要りませんよ?
こうしたら儲かるとか、お金設けのためにはこういう要素を入れるといいよとか...
アドバイスするなら、あなた自身がそれを作ってしまえばいいわけですからねw

というわけで、オリジナルゲームのネタをメモしていきます。
どうぞよろしく。

魔法の花ゲーム

(2010/08/15) : 創作ゲームネタ

ネタ。
魔法の花ゲームネタ(20100815)

続きを読む

企画メモ

(2010/07/06) : 創作ゲームネタ

MFLの後もあって、本格的な育成ゲームを遊んでみたいと思う...
なんだけど、自分でも途中まで作ってあったものもあるので、
それをどう生かせるか、という意味でざっくりと考えていたことを整理してみたい。

続きを読む

プロフィール
Author:るしか
(RfssicaElmnance)

レトロゲーム大好きですがコンピュータ関連やイキモノ、お絵かきなども好きです。

自己紹介記事はこちら
検索フォーム

※気になるフレーズをドラッグして選択するとGoogle検索が出来ます※

最新記事
カテゴリ
BGM (2)
最新コメント
リンク
攻略サイトリンク

当ブログ管理人@るしかの管理する、
ゲーム攻略サイトへのリンクです。

カウンタ類

総アクセス数:

只今の閲覧者数:

プレイ中オンラインゲーム(一部)

緩)Livlyisland

飼い主名: Rfssica (3代目)
@怨嗟 (イッカクフェレル)
@神獄 (いろいろ変身)

プレイ再開(2015/10/26)から
日目。


緩)PG&MG&AVA

亀餌とペット召喚くらい。

プレイ開始(2010/07/08)から
日目。


休)PSO2

Rfssica(沼男)など20体
主にShip3ソーンなど →仮設プロフ
ストミ新規追加で稀に出現。

プレイ開始(2014/11/01)から
日目。


休)MHF-G

サーバ①:Rfssica(AMD6LV)HR999
SR11種取得。
一番高いのは大剣のSR350位。

プレイ開始(2009/07/09)から
日目。


選択テキストgoogle検索メニュー追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。